2016/07/25 13:08:25 |
弁護士ではそれぞれ得意とする案件が異なっており、中には交通事故の示談交渉に強い弁護士もいます。交通事故の被害者となってしまうと保険会社や加害者と示談交渉を進めますが、しっかりとした知識を持って交渉を進めないと被害者側が損をする内容での示談となる場合があります。とは言え、ある日突然交通事故の被害者となってしまい、そこから示談のために知識を蓄えるのは無理があります。ネット上で得られる情報にも限りがあり、交通事故の状況や怪我の程度はそのときによっても違いがあるため、自分自身で示談に使える知識や交渉材料を用意するのは大変です。だからと言って保険会社が提示する内容をベースにして示談を進めると、本来得られ...
2016/07/25 13:08:25 |
正規の貸金業者とは異なる違法な金利での貸付を行う闇金融は、対応をしてくれる弁護士や司法書士が限られてしまいます。正規の業者とは異なり素直に話に応じないところがあるためで、逆恨みを買って闇金業者から弁護士や司法書士が嫌がらせを受けてしまう場合があるのです。正規業者に対する債務整理や過払い金の請求は、弁護士などからすれば簡単な案件です。任意整理となると交渉が必要となりますが、今まで多くの債権者との交渉を進めてきている弁護士からすれば、正規業者の任意整理を含めた債務整理の手続きは難しいことではありません。それに対して、闇金融は債務整理のように決まった手続きで解決ができるものではなく、中には非常に厄介...
2016/07/25 13:08:25 |
昔のグレーゾーンでの金利がなくなったとは言っても、今でも大手の消費者金融であっても金利は上限での契約となれば高い大きな負担となってしまいます。何社も借りれば返済に困ってしまう場合もあり、収入から考えて返済が可能となる金額異常に借りてしまうと、借金の返済ができない状況に陥ります。借金返済は期日を過ぎれば延滞金としての遅延損害金が日割りで発生してしまい、どんどんと返済の負担が大きくなります。違法な貸し付けであれば支払いの必要は無くても、大手の消費者金融はしっかりと法律に則って貸付を行っているため、支払いをしないというわけにもいきません。また、大手の消費者金融は普通に利用をしていれば特に何も問題とな...
2016/07/25 13:08:25 |
住宅のローンでもマイカー購入時のローンでも、支払いができなくなりそう、または支払いができなくなった場合には早めに相談をするようにしましょう。相談先は借金問題に強い弁護士で、ローンが払えないと住宅やマイカーがどうなってしまうのかなども相談時には話を聞くことができます。払えないからとそのまま放置をしてしまうのがローンの支払いで一番やってはいけないことで、支払いができないならできないなりに対処の仕方があります。住宅を手放さずにローンをどうにかしたいのであれば、個人再生といった手続き取ることも可能なのです。ローンが払えない状況と言うのは、消費者金融などからのキャッシングが返せない場合と比べてたしかに深...
2016/07/25 13:08:25 |
しゃっきの返済を長期に渡って行わず、借り入れ先から支払督促といった内容の書類が届いてしまった際には、受け取り後すぐにでも弁護士に相談をするようにしたいものです。支払督促はそれまでの催促状とは異なる扱いとなるため、受け取り後にそのままにしていると裁判に発展する可能性もあります。裁判となると借金を返していない債務者側は圧倒的に不利になってしまうため、強制執行によって給与の差し押さえなどに発展する可能性すらもあります。差し押さえとなる前に借金問題はどうにはしなければならないので、支払督促が届いたらすぐにでも借金問題に強い弁護士に相談をし、どのような解決方法がスムーズであるかを聞いてみると良いでしょう...