大手消費者金融への借金が返せない場合には

昔のグレーゾーンでの金利がなくなったとは言っても、今でも大手の消費者金融であっても金利は上限での契約となれば高い大きな負担となってしまいます。何社も借りれば返済に困ってしまう場合もあり、収入から考えて返済が可能となる金額異常に借りてしまうと、借金の返済ができない状況に陥ります。

 

借金返済は期日を過ぎれば延滞金としての遅延損害金が日割りで発生してしまい、どんどんと返済の負担が大きくなります。違法な貸し付けであれば支払いの必要は無くても、大手の消費者金融はしっかりと法律に則って貸付を行っているため、支払いをしないというわけにもいきません。

 

また、大手の消費者金融は普通に利用をしていれば特に何も問題となるようなこともありませんが、長期に渡って返済をしない、大きな金額を貸したにもかかわらずちっとも返済がされていないといった方に対しては、厳しい対応をとる場合があります。

 

厳しい対応とは言っても暴力的な取り立てなどではなく、裁判による請求などとなります。訴状を送りつけて返済を迫るもので、応じない人に対しては強制執行を行うケースもあります。これは消費者金融側が何も汚い手を使っているわけではなく、返済もせずに連絡もせずに放置をしていた借り手側が悪いとも言えるのです。

 

正常な利用であれば面倒な事も起こらないプロミスにおいても、返済がされない場合には差し押さえなどに発展する場合もあります。差し押さえとなると弁護士でも対応はしづらくなってしまうので、そうなる前にプロミスに返済ができない場合を借金問題に強い弁護士のもとで相談を進めるようにしてください。