支払督促が届いた後にはすぐに相談をしたい

しゃっきの返済を長期に渡って行わず、借り入れ先から支払督促といった内容の書類が届いてしまった際には、受け取り後すぐにでも弁護士に相談をするようにしたいものです。

 

支払督促はそれまでの催促状とは異なる扱いとなるため、受け取り後にそのままにしていると裁判に発展する可能性もあります。裁判となると借金を返していない債務者側は圧倒的に不利になってしまうため、強制執行によって給与の差し押さえなどに発展する可能性すらもあります。

 

差し押さえとなる前に借金問題はどうにはしなければならないので、支払督促が届いたらすぐにでも借金問題に強い弁護士に相談をし、どのような解決方法がスムーズであるかを聞いてみると良いでしょう。素早く借金を片付けるならそのまま弁護士への依頼を行うのが理想となるため、相談時には依頼を行う際に必要となる費用などもあわせて確認をしておくべきです。

 

支払督促が届いても払わずにいれば、借金は時効でチャラになるなどと書かれているところもありますが、それは危険です。上にも挙げたように支払督促が届いてそのままにしていると差し押さえの可能性があるため、時効まで逃げ切ることができなくなってしまうのです。

 

やはり正しい対処法は支払督促を無視しないことで、慌てず焦らず頼れる弁護士に相談をしてください。借金問題に強い弁護士であれば、差し押さえ前の段階ではスムーズに解決をしてくれることでしょう。